大工

現場を任される親方になる。


有限会社杉盛工務店

高木 洋平さん 23歳

Takagi Youhei


出身学校 松山市立桑原中学校
新田高等学校
松山短期大学卒

自分の会社を持ちたい。

ミリ単位の精度が求められます

大学時代にアルバイトを探していて、父の知り合いだった弊社の社長に声をかけてもらい、卒業まで1年間働きました。就職する時に、そのまま雇ってもらいました。入社して3年目です。最初は釘抜きだけを任されていましたが、途中から現場で働き出して、あまりのしんどさに2日目に倒れました(笑)。体力がなかったんですね。今はジムで鍛えていますから平気です。
 仕事は主に病院や介護施設、マンションなどの大きな建物の基礎工事で、コンクリートを流し込む型枠(かたわく)を組み立てています。型枠が水平垂直でないと、コンクリートが固まった時に曲がりが出てしまうので、ミリ単位の精度が求められます。型枠の接合部にすき間や小さな穴があいていたら、コンクリートを入れた時にそこから漏れますので、気が抜けません。型枠はベニヤ板と角棒状の木でできていて、釘や針金で接合するのですが、最初の1年位は、カナヅチでよく自分の手を叩きました。これが痛い!(笑)。絆創膏だらけでしたね。今は百発百中です(笑)。
 県外へも行きます。この前1か月位、手伝いで広島の現場に行きました。ホテル住まいです。苦労もありましたが、みんなでお好み焼き屋に行ったりして、楽しかったですよ。オフは会社の仲間とよくライブに出かけます。

コンクリートを流し込む型枠を鋼管でしっかり固定

まだまだ覚えることがいっぱいあります

尊敬するのは先輩の大工の皆さんです。入社して怒られたことがないですね。皆さん優しく教えてくれます。まだまだ覚えることがいっぱいあります。今まで教えてもらうばかりだったんですが、後輩ができて教える立場になり、どうしたらわかりやすく伝えられるかを意識するので、自分でも勉強になります。
 やりがいは先輩にほめられた時や、完成した建物を見た時に感じますね。僕らは完成前の基礎工事までが仕事なので、関わった建物を移動中などに見た時はうれしくなります。
 昨年、専門学校の新校舎の階段を担当したことがありました。細かい作業で大変な思いをしたのですが、完成後がとてもきれいで、自分でもすごい!と思いました(笑)。
 将来は現場を任される親方になって、いずれは自分の会社を持ちたいと思っています。

後輩(右)と。「指導する立場になりました」

      

Q.子どものころの夢は?

A.俳優


Q.仕事内容は?

A.ビルやマンションの基礎となるコンクリートを流すための枠を組み立てる


Q.仕事に就いたきっかけは?

A.大学の在学中にアルバイトをしたのがきっかけです


Q.必要な資格や資質は?

A.1級型枠施工技能士、やる気と根性


Q.やりがいを感じることは?

A.完成した建物を見たとき


ある1日

6:00 起床

7:10 出勤

8:00 仕事

17:00 終業

18:00 ジムでトレーニング

19:30 夕食

24:00 就寝

有限会社杉盛工務店

住所 〒791-0213 愛媛県東温市牛渕428番地
創業 1988年
従業員数 40名
URL https://sugimori-ehime.jp

私達は「安全第一」の旗の下、型枠工事を通じてあらゆる社会のニーズや変化に対応出来る高い技術力と信頼を得るために日々努力しています。「杉盛さんに任せてよかった!」そう言ってもらえる企業であること、それが私達の誇りです!

TOPに戻る