何事にもこだわり過ぎず、誰よりもポジティブに生きる!


海上自衛隊

日野林葵さん 22歳

Hinobayashi Aoi


出身学校 松山市立南中学校
聖カタリナ学園高等学校
大原簿記公務員専門学校 愛媛校卒

誰かのために動く仕事

 私は、艦艇で乗員の食事を作りながら、艦の看護師を目指しています。
 『輸送艦しもきた※』の船員は約130名。その中で、私の所属する第4分隊(給養員)は7名の当番制で調理作業を実施しています。乗員への配食はこれまでバイキング形式でしたが、現在は感染症対策として、給養員にて盛り付けまで行っています。また、長期に渡る海上行動等もあるので、曜日感覚を保つため毎週金曜日はカレーの日となっており、乗員の皆さんは金曜日を楽しみにしています。
 衛生員としての仕事は、乗員の体調管理や健康診断で「要再検査」となった隊員の容態を確認したり、艦内での衛生講話も実施しています。
 しかし、准看護師などの資格がないと専門の薬の使用や治療ができません。私は来年3月頃に海上自衛隊の学校に入校し、資格取得後は、人を助けるための資格を使うに値する人になりたいです。

※ 輸送艦しもきた…物資または人を運ぶ船。この前の訓練では、陸上自衛隊員を乗せ一緒に訓練場へ向かったり、エルキャック(水陸両用の船)を何隻か積み艦隊員を乗せ一緒に訓練場へ向かった。

隊員への血圧測定

『家族』である仲間を大切に。限られた期間は絶対に諦めない

 学生の頃は、活発に動くタイプで勉強は苦手でした(笑)。しかし、中学時代のソフトボール部顧問の先生のご指導がきっかけで、何事にも「できないから諦める」のではなく、「限られた期間は絶対やる」という前向きな気持ちに変わりました。
 医療関係で現場に出て働くことに興味がありましたが、専門学生の時、就職は漠然と公務員と考え、各種の公務員試験を受けて悩んでいました(この間、MOS資格等を取得)。そこで、様々な資格を取得し、その資格を生かせる『自衛隊』を知りました。試験は、筆記試験と面接だけですが、適性検査により希望の部隊に就けない場合もあります。体力は入隊後に自ずと身に付きます。
 悩みを親身に聞いてくださる先輩など周りの方にも恵まれ、私の中で自衛隊は『職場の人』よりも『家族』に近い存在です。頑張る姿勢を先輩や上司に褒めていただいた時は嬉しかったです。
 過去を振り返ると、いろいろな人と関わればよかったなと思います。社会では、人当たりなども重視されます。中高生の皆さんには、本当に信頼してくれる人、そして信頼できる人を増やして、立派な社会人になってもらいたいです。

完全盛り付けによる配食

 

輸送艦しもきた第4分隊

      

Q.必要な資格やスキル、資質は?

A.看護師、准看護師、救命救急士、臨床検査技師、レントゲン技師(全て就職してから取得できます)


Q.仕事でピンチだったことは?

A.調理中に包丁で怪我をしてしまい、1週間ほど調理室に入れなかったことです。今は落ち着いて行動することを心がけています


ある1日

4:30 起床  

5:00 準備  

8:00 始業  

8:15     

16:45 課業終了

17:00 夕食  

19:30 巡検  

22:00 就寝  

住所 〒790-0003 愛媛県松山市三番町8丁目352-1
創業
従業員数
URL https://www.mod.go.jp/pco/ehime/

自衛隊の受験/見学/質問/相談/イベントなど、自衛隊に関する窓口です。お気軽にお問合せ下さい。

TOPに戻る