タオル製造企画

「笑う門には福来る」
常に笑顔でいること。


株式会社丸山タオル

小池 加奈子さん 22歳

Koike Kanako


出身学校 愛媛県立今治東中等教育学校卒

「タオルと言えば今治タオル」と世界中の人に言われるようになるのが夢ですね。

タオルのデザインに携わっています

 生まれ育った今治が好きで、この会社で働いています。保育園児の時は大好きな先生がいて、保育士に憧れていました。それでピアノを習い始めたのですが、小4 の頃にはイヤになってしまって、保育士はあきらめました。ピアノは向いてなかったみたいですね(笑)。高校卒業時はなりたい職業もなかったので、大学には進学せず、地元企業の営業職に就きました。就職してから自分が何をしたいのか考え始め、弊社に転職しました。今治と言えばタオル、タオル会社で仕事をしたいと思ったんです(笑)。
 弊社でタオルのデザインに携わっています。入社してからパソコンのデザインソフトの勉強をして、イチから仕事を教えてもらいました。東京営業所のデザイナーからデザインが送られてくるので、それを修正・微調整しています。社長の意向を反映したり、絵柄がヘム(タオルの両端の折込み部分)にかかってしまうとか考えながら、最終的なデザインを決めていきます。

「えひめ国体・えひめ大会を応援します!」

「愛媛と言えば今治タオル」

 私が小学校の頃は、タオルは高級品というイメージはなかったように思います。今治にいたらタオルが身近にありすぎて、そのありがたさがわかっていないところもありますね。ここ10 年で、今治タオルの知名度はぐ~んと高くなりました。今治タオルは肌触りも吸水性も抜群なので、私も大好きだし、もちろん使っています。ブランドとして確立できたのは今治の人間として誇らしいことですし、「愛媛と言えばみかん」と同じように「愛媛と言えば今治タオル」と皆さんに言ってもらえるようになったらうれしいです。今治タオル工業組合としてヨーロッパやアメリカの展示会にも出展していて、高い評価をいただいています。「タオルと言えば今治タオル」と世界中の人に言われるようになるのが夢ですね。

作業工程に照らして、デザインの細部をチェック

「俺みたいな考え方になれ」

 働いている人たちはみんな優しくていい人ばかりです。社長は厳しいところもありますが、元気で面白いし、バイタリティがある人だと思います。最近はあまり怒られなくなりましたが、現在の部署に就いた頃にはよく怒られていました(笑)。私が効率よく段取りをつけられないと、作業がどこかで止まってしまうんです。最初はそれがなかなかうまくできなかったので、作業ロスにつながり、会社やみんなにも迷惑をかけていました。
 社長からはいつも「俺みたいな考え方になれ」と言われます。「経営者の視点で物事を考え、行動しなさい」「自分の部署だけでなく、仕事全体を俯瞰的に捕らえなさい」ということだと思います。早くそうなれるように努力しています。社長に指示されたら、求められた以上のことをしようといつも思っています。少しでも社長の考えに近づきたいですね。給料も近づけたらもっとうれしいです(笑)。

最新鋭のタオル織機がフル稼働

しんどい時こそ笑いましょう

 社員旅行があるのもうれしいですね。2 年前は東京営業所の訪問も兼ねて、東京ディズニーランドに行きました。家族同伴の総勢80 名以上で、一泊二日で行きました。楽しかったです。社員を大事にしてくれるので「またがんばろう!」と思います。育児休暇などの福利厚生も充実しているので、結婚しても働きたいですね。休日は、友達とランチに行ったり、カラオケに行ったりして楽しんでいます。
 学生の頃に「なりたい職業がない」と不安に思う必要はないと思います。中学・高校の頃は一番楽しい時期ですから、今を楽しむのも大事です。働き始めてから目標が見つかることもあると思います。私がそうでしたし、全然あせることはないですよ。私がいつも心がけているのは笑顔でいること。「笑う門には福来る」です。楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔でいたら楽しくなるんです。しんどい時やつらい時もあると思いますが、そんな時こそ笑いましょう。だまされたと思ってやってみてください(笑)。

肌触りのやさしいタオルが織り上がりました

えひめ国体を成功させます!

 体を動かすことが大好きだったので、小学生の時から、一番得意な教科は体育でした。伯父がスキーの先生をやっていたのがきっかけで、小学2 年生でアルペンスキーを始めました。中学3 年では国体にも出ました。でも高校2 年の時に大きなケガをしてしまい、5 年間競技から遠ざかっていましたが、今年1月に復活しました!ケガをしてからは国体強化選手のバックアップや、レースのお手伝いをしながらリハビリに専念していましたが、いい勉強になりました。
 今年は国体が開催されます。弊社はえひめ国体・えひめ大会のオフィシャルサポーターとして、マスコットのみきゃんの入ったオリジナルタオルで応援します。私たちが作ったタオルを、開会式で選手の皆さんが身につけて入場してくださる予定です。ご注目ください。えひめ国体をお手伝いできることは本当に誇らしいことですし、その光景を想像するだけでワクワクしてきます。ぜひ、成功させたいですね。成功させます!(笑)

今治タオルブランドが生産されている工場

      

Q.子どものころの夢は?

A.保育士


Q.仕事の内容は?

A.お客様からのお見積り依頼に返事をしたり、現場への指示書の作成など


Q.仕事に就いた理由は?

A.今治が好きなので地元の企画の仕事に就職したいと思った


Q.うれしかったことは?

A.スムーズにやりとりが出来、受注につながったとき


ある1日

6:30 起床

8:00 始業

11:30 昼食

18:00 終業

24:00 就寝

株式会社丸山タオル

住所 〒794-0801 愛媛県今治市東鳥生町3丁目1番48号
創業 1966年12月 
従業員数 52名
URL http://maruyamatowel.co.jp/

『安心・安全・高品質』のタオルを皆様にお届けするため社員一同、商品の製造・開発に取り組んでいます。また、地球にも安心・安全でありたいと製造過程で環境への負担を少なくするよう努めています。

TOPに戻る