船長・航海士・運航士

安全運航に徹し、
信頼される船長になる。


大鷹海運株式会社

山田英市さん 33歳

Yamada Eiichi


出身学校 愛南町立城辺中学校
愛媛県立南宇和高等学校卒

経験を積むことで自信につながる。

海上輸送は、地球にもやさしい輸送です。

父が漁師なので小さい頃からよく漁船に乗っていました。小学生の頃は漁師を継ごうと思っていましたが、段々と大きい船に乗りたいと思うようになりました。尊敬するのは父です。地元の漁師のリーダー的存在でした。今も現役です。
 普通科の高校を卒業後、父の知人の紹介で入社しました。その後、乗船履歴を積んで講習を受け、海技免状を取得しました。商船学校や水産高校を出ていなくても船長にはなれます。少し勉強が必要ですが(笑)。
 乗船しているのはタンカーで、主にガソリン、灯油、軽油、航空燃料などの石油製品を積み上げし、全国の港から港へ運んでいます。自分達が運んだ石油製品が、日本の産業のエネルギー源になっていると思うと、満足感を感じますね。海上輸送は一度に大量の製品を運ぶことができるので、地球にもやさしい輸送手段です。
 瀬戸内海や東京湾は、多くの漁船や船舶が航行しているので、気が抜けません。仕事はワッチ(当直)と操船と荷役の繰り返しです。乗船中は規則正しい生活を送っています(笑)。食事もおいしいですよ。船の離着岸のときは緊張します。うまくいったときは「やった感」があります(笑)。

乗組員と連絡を取りながら離着岸は慎重に行います

給料は同年代と比べるといいと思います。

給料は同年代と比べるといいと思います。憧れだった車を購入しました(笑)。休みが長いのもうれしいですね。3か月乗船して1か月の休暇です。休暇中はドライブに行ったり釣りをしたり、のんびり過ごしています。
 船長には責任が伴います。その分やりがいもあります。船長職の経験がまだ少なく、不安を感じたり、未熟な面が表れることがありますが、経験を積むことで自信につながると考えています。
 先輩船長を手本に安全運航に徹し、一日も早く会社と乗組員に信頼される船長になりたいですね。大好きな海の仕事に就けて充実した毎日を送れています。携帯など通信機器も発達しているので、陸の生活との違いはあまり感じませんね。
 中高の6年間は長いようであっという間に過ぎます。自分の好きなことを精一杯追い続けて、悔いのない学生生活を送ってください。そして将来の目標をつかんでください。

間もなく関門海峡を通過します

      

Q.子どものころの夢は?

A.漁師 


Q.仕事内容は?

A.タンカー船で、石油製品(ガソリン、灯油、軽油、航空燃料etc)を自船で積み揚げし、日本全国へと運びます 


Q.仕事に就いたきっかけは?

A.船が好きで大きな船に乗りたいと思っていました


Q.必要な資格は?

A.海技免状、安全担当者講習、無線レーダー従事者免許


ある1日

6:30 起床

8:00 当直

12:00 休み自由時間

20:00 当直

24:00 終了

大鷹海運株式会社

住所 〒799-2430 愛媛県松山市北条辻20−10
創業 1970年4月
従業員数 28名
URL

安全輸送をモットーに、荷主の要望に応じ信頼を得られるよう日々努力し精進しています。

TOPに戻る