業務課

「喜多に任せたら大丈夫」と言ってもらえる人になる。


檜垣造船株式会社

喜多椋平さん 23歳

Kita Ryohei


出身学校 今治市立西中学校
愛媛県立今治工業高等学校
聖カタリナ大学卒

船がゼロから完成するまでのものづくりの感動がすごくあります。

人と関わる仕事がしたかった

 人と関わる仕事が好きだったのと、地元に貢献できる企業なので志望しました。今は主に学生の就職説明会や選考会、大手求人サイトのページや進水式などの式典を担当しています。弊社は求人には特に力を入れています。大ホールでたくさんの企業が集まっての合同説明会の後、弊社志望者の説明会を経て、選考会で採用を決定します。選考会に多くの学生が集まってくれるとやりがいを感じます。
 趣味はバスケットボールです。小学校から高校までやっていました。中学のときは県で3位になりました。今は友達と社会人クラブでやっています。バスケはコミュニケーション能力アップに向いていると思います。
 息抜きは市内の温泉に友達と行っています。風呂上がりのコーヒー牛乳は最高です(笑)。大学生のときに鈍行列車を乗り継いで石川県まで行ったり、北海道へ一人旅もしました。楽しかったですね。

会社説明会の資料を作成中

「遠回りが一番の近道」。無駄なことは一つもない。

 尊敬するのは母です。3人の子どもを女手一つで育ててくれて大学まで行かせてくれました。就職して母の苦労がわかるようになりました。仕事で貢献して恩返ししたいです。
 好きな言葉は「遠回りが一番の近道」。目的地までの費やした時間は人それぞれ違うと思いますが、無駄なことは一つもないと思います。
 頼まれた仕事を優先して一つひとつ確実にこなしていくことを心がけています。「喜多に任せたら大丈夫」と言ってもらえる人になれるよう、日々成長して行くことを目標にしています。今は入社したばかりで発展途上なので、今後に期待してもらいたいです(笑)。
 中高生には今を精一杯楽しんでもらいたいですね。バスケの部活はしんどかったけど、振り返れば充実した日々だったと思います。
 私は今治で育ちましたが、間近で船を見たのは入社してからで、その大きさに驚きました。この仕事は、船がゼロから完成するまでのものづくりの感動がすごくあります。今治は世界有数の海事都市で、仕事にしたら面白いこともあると思います。バリシップでは工場見学や船内見学も予定していますので、ぜひお越しください。

進水式も担当します。船を間近で見たときは大きさに驚きました

バリシップ2017では大勢のお客様にご来場いただきました

      

Q.子どものころの夢は?

A.バスケの指導者


Q.仕事内容は?

A.新卒採用担当


Q.仕事に就いた理由は?

A.人とかかわるのが好きだから


Q.必要なスキルは?

A.コミュニケーション能力


Q.仕事でうれしかったことは?

A.会社説明・合同説明に参加してくれた人達が選考会に来てくれた時


ある1日

6:45 起床

7:40 出社

12:00 昼食

18:00 帰社

18:20 帰宅

23:00 就寝

檜垣造船株式会社

住所 〒799-2111 愛媛県今治市小浦町1丁目4番25号
創業 1951年11月15日
従業員数 100名
URL http://www.higaki.co.jp/

「時代のニーズに応える船づくり」に立ち返り、物流の合理化や地球環境の保全に直結する船舶の建造と修理に全力で取り組んで参ります。

TOPに戻る