医療事務

心に余裕を、
いつでも笑みを。


医療法人 Dクリニック

出口美那子さん 32歳

Deguchi Minako


出身学校 今治市立桜井中学校
愛媛県立今治北高等学校卒

自分の能力を最大限に生かし、自分にしかできない仕事をしたい。

病院で働きたいという気持ちが大きかった。

 小学生の頃、『ナースのお仕事』というドラマを見て、看護師になりたいと思っていました。高校は商業科で医療事務の資格を取ったのですが、いざ就職の時には求人がなくて…。高校卒業後、地元の食品関係の会社に就職しました。そこで8年、その後、広告代理店に転職して2年半働きました。でも、病院で働きたいという気持ちが忘れられなくて、3年前にこのクリニックが開院する際、スタッフになることができました。まだまだ新前です。この仕事は医療事務の資格がなければできないというわけではありません。むしろ、仕事を始めてから勉強していったほうが身につく部分も多いと思います。
 病院にはたくさんの患者様がいらっしゃいます。弊院は土日も診療を行っていますので、土日は特に多いですね。最初は失敗ばかりで、先輩方にもたくさん迷惑をかけました。患者様の名前を間違えたり、受付や会計で患者様を待たせてしまったり…。でも次から次へとやらなければいけないことがたくさんあるので、考えていても仕事は進みません。失敗や悩みを引きずらないようになりましたね。週に2日は休みがありますし、産休・育休も1年いただけました。働きやすい職場だと思います。

高校時代に身につけたパソコン技術が役立っています

常に目標を持って行動してほしい。

 弊院は外来の診察と手芸や習字、ピラティスなどをみんなで行うデイケアと訪問看護の3つの医療を行っています。それらの窓口となる受付はまさに病院の顔です。笑顔で皆さんの心が落ち着くような応対をいつも心がけています。できるだけ患者様の立場に立って行動したいと思っています。
 仕事をしていて一番うれしいのは、患者様の表情がだんだん明るくなっていくのを見られたり、優しい言葉をいただいたりするときです。大変ですがとてもやりがいがある仕事です。自分の能力を最大限に生かし、自分にしかできない仕事をしたいと思っています。
 中高生の皆さんに伝えたいのは、常に目標を持って行動してほしいということです。やりたいことがはっきりしていれば、自ずと今、何をすべきかがわかってきます。仕事にしろ勉強にしろ遊びにしろ、ゴールを決めてやっていくことが大事だと思います。

「この仕事に満足しています」

「受付は病院の顔です」

      

Q.子どものころの夢は?

A.看護師


Q.仕事内容は?

A.受付、会計、電話応対、レセプト業務(患者さんが負担した金額の残りを健康保険組合、国民健康保険組合などに請求する業務)


Q.必要な資格は?

A.医療事務・パソコン(Excel・Word等)


Q.仕事でうれしかったことは?

A.症状がだんだん良くなってきたり、患者さんから世間話とか笑顔で話してきてくれたりすること


ある1日

6:30 起床

9:00 始業

12:00 昼食

17:00 退社

19:00 夕食

23:00 就寝

医療法人 Dクリニック

住所 〒794-0027 愛媛県今治市南大門町2丁目1番地21
創業 2015年
従業員数 22名
URL http://www.d-clinic-imabari.jp

 心の病気には様々なものがありますが、どの心の病気にしろ、人の心を治すのは「人」だと考えています。
 今苦しんでいる症状をいかに緩和し、少しでも社会適応を目指し、最終的に自己実現を達成し、一人でも多くの人と寄り添うために、365日利用できるクリニックにしました。

TOPに戻る